プレスリリース

私たちは、2017年1月11日、ラクサス・テクノロジーズ株式会社
(英文:Laxus Technologies Inc.)に社名変更しました。

これからも精一杯頑張ります。引き続き応援してください!

新しいWebサイトはこちら

商号変更のお知らせ


2012年3月21日
報道関係者各位

モデルデビューも夢じゃない!モデルオファー機能付き
新感覚のソーシャルファッションサイト「ZIO×LIFE」β版がオープン
〜新たなファッションとの出合いを通じて「自分らしさ」を自由に表現できる最高の手段です〜
 Webサービス開発のエス株式会社(広島県広島市/代表取締役社長:児玉昇司)は、2012年3月21日より、ユーザーひとりひとりの『自分らしさ』を、ファッションを通して自由に表現したり同じ趣味趣向を持った人たちと繋がって気軽に交流したりすることができる、日本初(※)のモデルオファー機能付きソーシャルファッションサイト「ZIO×LIFE」(ジオクロスライフ)のβ版をリリースいたしました。

■「ZIO×LIFE」とは
 「ファッションライフをもっと楽しく!もっと便利に!」をコンセプトにオシャレを楽しむ全てのユーザーに向けてつくられ、「ファッションスナップポータル」「ファッションSNS」「モデルオーディション」を融合した新感覚のソーシャルファッションサイトです。

「ZIO×LIFE」  http://life.zioxw.com

■「ZIO×LIFE」の特徴
(1)モデルオファー機能
企業側からサイトを通してユーザーにモデルの仕事を依頼することができる「ZIO×LIFE」独自の機能です。オシャレなコーディネートをアップし注目を集めると、TV、雑誌、ラジオなどの出演オファーが入り、モデルとしてデビューできるというワクワク感も魅力です。

(2)コミュニティー機能
ファッションスナップの投稿、気になったスナップや商品・ブランドを友達とシェアする、同じ趣味趣向を持ったユーザーを探す、コメントする、お気に入りのスナップやアイテムに投票するなど、ファッションSNSとしてのコミュニティー機能が無料で楽しめます。

(3)ファッションスナップ・キッズスナップ掲載
「ZIO×LIFE」スタッフが街で発見したオシャレ美人・美男&子どもたちのファッションスナップを閲覧できます。

(4)SNSと連携
Facebook、Twitter、Google+といった大手SNSサイトと連携し、お気に入りのユーザーやアイテムをシェア●拡散することができ、本サイトをベースに交流の幅を拡大することが可能です。

 ※Facebook: http://www.facebook.com/ZIOxLIFE
 ※Twitter: https://twitter.com/ZIOxLIFE
 ※Google+: http://gplus.to/ZIOxLIFE


■開発の経緯
 当社代表の児玉昇司は「近年、自分に近い存在のカリスマブロガーや読者モデルのリアルクローズが多くの支持を集める中、オシャレを楽しむユーザーひとりひとりが主役となり、自由に表現できる場所を提供できないか、と企画しました。本サイトをご利用いただいて少しでも多くの人にオシャレを楽しんでいただければと思っています」と話しています。

■今後の見通し
 モデルオファー機能付きソーシャルファッションサイトのデファクトスタンダードとして、ユーザー数100万人を目指します。
 ファッション雑誌に加え「ZIO×LIFE」を活用することで、よりリアルでタイムリーなファッション情報を発信・共有し、多くの投票を集めることで誰もがミヂカリスマになれるようなサイトへと成長させていきます。
※ミヂカリスマ…「身近」と「カリスマ」の合成語。自分たちのすぐ近くにいるファッションリーダーという意味。


■会社概要
社名:エス株式会社
本社:〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ14F
設立:2006年8月31日
資 本 金 : 5,540万円(資本準備金含む)
純 資 産 : 10億2,700万円(2011年3月末日現在)
代表者:代表取締役社長 児玉昇司
事業内容:Webサービス開発、ECサイト開発・運用、SEO、SEM、LPOなど各種プロモーションなど
http://www.es-c.co.jp/

■リリースに関するお問い合わせ先
エス株式会社 企画開発部 尾崎広貴(おざきひろたか)
〒730-0037 広島県広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ14F
TEL:082-236-3801
FAX:082-236-3802
E-MAIL:info@es-c.co.jp
facebook追加 twit this! Check myspace this! hatena に追加

ニュースリリース

CSR

I Love Hiroshima

EE学習支援商品

※2015年株式会社バルク調べ 英会話通販教材市場
(英会話教室・通教など継続前提ではない)